スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんだか違う気がする。

ケースその①
今日行った美容院でそこの娘さんがお腹大きかったので聞いてみると妊娠五ヶ月とのこと。
そして彼女は子供のアメリカ国籍をとる為にアメリカで産むそうで。

相手は?って聞くとお母さんいわく「わからない。でも子供は神様からのご加護だからね~♪」って。
すると他のお客さんが
「でも生んだ後に勉強続けなきゃいけないから子供はお母さんに預けてアメリカで勉強しなさいよ」って言うと
お母さんも「そうそう!」って・・・。

なんだか違う気がする。。。
でも実際それがまかり通ってるんだな、この国では・・
PC240025.jpg


ケースその②
仕事でよく行く住民組織(町内会みたいなもの)の人(50歳くらい)の家にも
1歳半の女の子がいて聞くと
「この子、孫で双子なんだけど生まれた時体が弱くって娘が2人育てられないから
私が育ててることにしたのよー。もう元気なんだけどそのまま育ててるの。」って
PC240012.jpg


ケースその③
よく結婚してるかって聞かれた後に子供はいないのか?って聞かれる。
「子供いたら海外で2年ボランティアできないでしょ~」って答えてたけど
反応はいつも「そぅお?」って感じ。




それが経済的な理由だったり育児放棄だったりと色々ケースはあるものの
この国では子供を親やそれ以外の人に預けて育ててもらうのは普通にあることらしい。。

確かに生んだ側のその後の人生の選択肢は増えるものの、
生まれてきた子供にとってそれがいいこととは思えないんだけど・・・
しかも若年層で安易に子供を産むキッカケになってそう・・・。


PC240048.jpg


スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。