スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドミ共って意外にすごい!!!


先日、学校の課外授業でドミニカ共和国唯一の世界遺産に行ってきました。
そこは Zona Colonialという地域なのですがまぁ直訳すると『植民地地域』。
ようするにスペインの植民地時代の古い建物が沢山残ってる地域なのです。

コロンブスとハードロック


そこで私はドミニカ共和国がすごい歴史を持った国だと
初めて知った(←かなり失礼)のでした・・・



みんな、コロンブスという人は知っているハズ。そう、あのアメリカ大陸を発見した人です。
コロンブスは生涯計四回スペインからアメリカ大陸(新大陸)に向けて航海をしたのですが
その最初の1492年の航海でドミニカ共和国とハイチのあるこのエスパニョーラ島を発見。
(余談ですがコロンブスは死ぬまで自分の発見したアメリカ大陸やカリブの島々を
アジアの国インドだと思っていたらしいです

そこでスペイン支配の入植の拠点とするために発見の翌年1493年にはアメリカ大陸初の街が
ここ、ドミニカ共和国の現在の首都サントドミンゴにヨーロッパ人によって建設されたのです
だからドミニカ共和国の首都はアメリカ大陸で一番古い街ってことになるのです
ね、すごいでしょ!?

だからここにはアメリカ大陸最古の教会(1514年~)や
同じくアメリカ大陸最古の大学(1538年~)がまだ現存しているし
なんとコロンブスの墓もドミニカ共和国にあるんだそうで
そんな深い歴史があるなんてここに来るまで知らなかった勉強不足な私・・・  
ドミニカ共和国、ごめんなさい・・・



ということで今回の学校の課外授業では航海中のコロンブスの代わりに
このサントドミンゴの街を統治していた息子のディエゴ・コロンブスが住んでいた城
王宮博物館、、アメリカ大陸最古の教会を見て来ました


父コロンブスと息子ディエゴ
↑父コロンブスと息子ディエゴの肖像画

ディエゴ・コロンの城

アメリカ最古の教会
↑アメリカ最古の教会

そしてなぜかこんなものも王宮博物館の武器の部屋に飾ってありました・・・↓
なぜここに?

色んな見所があって半日の課外授業もあっという間に終了・・・。
また新ためて歴史を調べてもう一度自分でこのZona Colonialに行きたいなぁと思ってます

さぁみんなも、ドミニカ共和国に来てみたくなったんじゃないかな~?
いつでも歓迎しますよ~★
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。